30代独身男のAKB(明るい休日的ブログ)

多趣味な独身ライフを満喫しております。

AKB

明るい休日的ブログ

【婚活】一番お気に入りの女性にフラれる(世田谷区在住 36歳)

別れは突然やってくるものです。

昨日、LINEに以前コーディネートというオプション(お見合いみたいなもの)で知り合った女性からLINEが入っておりました。

※この女性に関して書いてある記事はこちら

holiday.hatenablog.com

あまりレスポンスが良くない彼女。
LINEを送ると返事が返ってくるのが数日後です。
前回私が送ったのが9/4(月)。
4日ぐらい間が空きました。
さて、彼女がから送られてきたLINEの内容がこちら。

お返事遅くなっててごめんなさい。
考えたのですが、○○さんとはこれから先に進むのは難しいかなと思いました。勝手ながら、お会いしたりするのは終わりにさせてください。
貴重なお時間をいただき、ここまで引っ張ってしまい本当に申し訳ありません。
良いご縁があるようお互いがんばりましょう。

この女性がお会いしてきた中で一番いいなと思っていたので、少しショックでした。
少しだけ。
なぜ少しかというと、先程も書きましたが返事が遅かったり、ドタキャンしたり、マナーとしてどうなのよと思っていたので、まあ終わってよかったのかもと思えました。
あれだけ可愛いのに結婚できていないのは出会いが無いという理由はあまり当てはまらないのかなと。
やはり、性格的に問題があるから36歳まで独身で来てしまったのでしょう。
ちなみに食事の約束をドタキャンした理由は体調不良と言っていたのですが、どうやらそれは嘘だったようです。

それにしても、お断りのメッセージにある『難しい』というワード。
これが気になっています。
何が難しかったのか。
見た目?
性格?
立ち振舞?
年収?
ライフスタイル?
2回会ってどこがどうダメだと判断したのか。
そこが気になって仕方ないですね。
LINEで思い切ってどこが難しいと思わせたのか、難しい部分の詳細を事細かに聞いてしまおうかと思ったのですが、そこは自分にストップをかけました。

私の会ってきた女性の断り文句は、正直納得いくようなものがありませんでした。
熱が冷めた。
価値観が合わない。
難しい。
今回の難しいは究極系かもしれません。

最後のメッセージで、一応良いご縁がありますようにとは言いました。
本心は、あなたに良いご縁があるかなあ・・・なんて思っております。