読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身男のAKB(明るい休日的ブログ)

多趣味な独身ライフを満喫しております。

AKB

明るい休日的ブログ

【鹿島】いつかどこかで会おう

鹿島 日記

鹿島から選手の対談に関するのニュースリリースがありました。

隆雅は身長が高く左利きという事もあり、今後鹿島の左SBとして活躍するのを楽しみにしていました。
クラブからの期待値も高かかったからこそ、千葉や栃木などにレンタルに出され武者修行をさせられたのだと思います。
それだけに鹿島に復帰後鹿島の左SBのレギュラーを奪取出来るほどの選手になりきれなかったのが残念でした。
彼が成長してくれれば脩斗の負担も減ったし、CBの源をわざわざ左SBにコンバートしなくてもよかったので。
ユース出身という事もあり、期待値は非常に大きかったのですが、今回は残念な結果となってしまいました。

佐藤に関しては、私は厳しく言わせてもらいます。
彼のプレーで危ない場面が何度もありました。
ありえないミスもありました。
アウェイの松本で見せた、ペナルティエリア外での手を使ってのプレーにはもう呆れる・・・。
ポジションは本来実力で奪いとるものですが、セレーゾが若返りを図るために曽ヶ端を外し、佐藤を抜擢しました。
与えられたポジションなのです。
それであの結果はこちらとしては納得できません。
正直2ndGKとしてのレベルには到達していないのにベンチにいる事が不満でした。
それだけ鹿島のGKの層が薄いということなので、クラブは危機感を持たなければなりません。

ダヴィは、昨シーズンの甲府戦でのハットトリックが印象的でした。
彼がもし大怪我をせずにフル稼働していれば、リーグ優勝できていたかもしれません。
それだけ彼の怪我はチームにとってダメージが大きすぎました。
今シーズンは怪我の影響や若手の台頭、さらに金崎夢生という男がポルトガルからやってきたことにより、存在感が一気に薄くなりました。
例え試合に出たとしても得点の臭いがせず。
今シーズンでラストかなと思っていたら、案の定そうなってしまいました。
鹿島でのプレイは今後見ることができませんが、ダヴィを必要とするクラブはあると思います。
そこでぜひストライカーとしてもう一回覚醒して欲しいと思います。

最後に本山。
鹿島史上初の日本人の10番。
数々のタイトルの獲得には彼の活躍があったと思います。
元々ドリブラーが好きな私は、彼のドリブルに魅了されて一瞬で好きになりました。
プレーのチョイスも良いし、時々見せるトリッキーなプレーは観ている人をワクワクさせてくれました。
正直なところ、本山には生涯鹿島でいてほしかったという想いがあります。
でも退団となったのは、彼が選手としてまだプレーしたいということなのでしょう。
それならば、応援させていただきます。
いつかカシマスタジアムのピッチ上で我々と対戦しようではありませんか。

今回退団の運びとなった選手の皆さん、本当にありがとう。
夢をありがとう。